TOPへ

外壁塗装

外壁塗装の足場の相場は?足場無料の会社はお得!?

自宅の外壁塗装をしたいのに、足場設置にかかる費用がいまいちよくわからないという方も多いでしょう。 この記事では、外壁塗装の際の足場設置料金の相場に加え、その必要性や安く設置する方法を解説します。

外壁塗装のための足場設置の料金相場はいくら?

自宅の外壁塗装を行う場合、塗装料金とは別に、足場設置の料金も用意しなければなりません。
ここでは足場設置費用の料金相場、そして計算方法を解説します。

1平方メートルあたりの足場設置料金の相場
足場設置のための料金については業者によって異なりますが、おおよその相場は1平方メートルあたり800円~1000円程度が相場とされています。

足場の料金は、どのような素材が使われるかによっても変わってきます。

たとえば単管で組まれる足場よりも、枠組でがっちり構成された足場の方が手間や材料費がかかるため、高い料金を請求される可能性が高いのです。

飛散防止用ネットの料金も発生
足場設置にあたっては足場自体の料金だけでなく、飛散防止ネットの料金も支払う必要があります。

外壁塗装の際に塗料が周辺の住宅や人に飛び散ると、大問題となってしまいます。そうしたトラブルを未然に防ぐため、業者はネットを設置したうえで作業を行います。

飛散防止用ネットの相場は、1平方メートルあたりおよそ100円から200円程度とされています。

自宅の足場設置合計金額の算出方法
足場設置の料金がどの程度必要となるのかは、事前に計算できます。

その計算式は、以下のようなものです。

足場設置合計金額=足場架面積×(1平方メートルあたりの足場費用+1平方メートルあたりの飛散防止ネット)

この式における「足場架面積」は、実際に足場を設置するために必要な面積を意味します。
足場架面積は、以下のような式で求められます。

足場架面積=建物の外周×建物の高さ

たとえば、足場架面積が280平方メートルの2階建て住宅に外壁塗装用の足場を設置すると仮定します。

その際、1平方メートルあたりの足場料金が700円、飛散防止ネットが1平方メートルあたり200円だった場合、求められる合計金額は以下の通りです。

280×(700+200)=252,000

すなわちこの場合、足場設置合計金額は25万2,000円です。

足場設置の合計金額の相場
足場設置合計金額の相場は、30坪ほどでおおよそ15万円程度だとされています。
ただしこの金額はあくまで相場であるため、一概に「このぐらいの料金だ」とはいえません。
自宅がどのぐらい広いのか、あるいは何階建てなのかによっても合計金額は大きく変わってくるからです。加えて、そのほかの追加料金が発生する場合もあります。

たとえば空間的に余裕のない場所に足場を設置しなければならなくなった場合、その分余計に作業時間は増え、より多くの料金が発生するでしょう。

また足場を設置する場所の周辺に簡易車庫(カーポート)やベランダ屋根がある場合、それを一旦取り外さなければ作業が難しくなります。
取り外しが必要となれば、その分作業時間は増加し、料金も加算されるでしょう。

外壁塗装の足場設置料金の相場は?

足場設置の料金は、外壁塗装料金の2割~3割ほどです。
足場設置料金が高いのにはとても重要な理由があります。
ここからは足場設置料金が、決して安くない重要な理由を紹介します。

職人の安全確保のため
足場を建てる理由は、外壁塗装を行う職人が安全に作業ができるようにするためです。
ボロボロの素材で組んだ足場で無理やり作業をさせて、職人が落下事故を起こしてしまったら、もはや外壁塗装どころではありません。
トラブルなく安全に外壁塗装が行われるためには、しっかり作られた足場が非常に重要な存在となるのです。

隣人トラブル発生防止のため
外壁塗装を実施するにあたって避けねばならないことの一つが、隣人トラブルです。
隣家に塗料が飛散し、自動車や外装などを汚してしまえば、最悪の場合、訴訟問題にも発展するおそれがあります。飛散防止ネットで適切に対策された足場であれば、そのような隣人トラブルを防げます。

作業の効率化、高品質化のため
優れた仕事をするためには、優れた環境が欠かせません。
しっかりとした足場を設置することにより、作業効率の向上や、職人の力をより発揮することにも繋がります。

足場の材料を運ぶ運搬費・足場を組む施工費
足場設置の料金は、材料費だけではありません。足場の材料を外壁塗装を実施する現場まで運搬しなければならず、そのための経費も加算されます。
また、足場は一瞬で設置できるものではなく、足場職人たちによる設置作業が必要です。
足場の設置作業のために要した施工費も、依頼主が支払う形になります。

足場を組む・解体する際には国家資格を持った人材がいないといけない
足場設置作業は、ある種の職人技だといえます。足場設置工事を指揮監督するには「足場の組立て等作業主任者」という国家資格が必要です。
この国家資格は、3年以上の実務経験や専門学校卒業などの厳しい条件が求められ、誰もがすぐ取得できるものではありません。そのような国家資格を持ったスペシャリストが、足場組立作業には必要となります。

足場の種類

外壁塗装のために用意される足場には、さまざまな種類のものが存在しています。

くさび緊結式足場(ビケ足場)
資材に金具を打ち込み、さらにその上へ網目状の踏板(アンチ)を敷いて建てる足場のことです。
ハンマーだけで完結できる作業のため、時間をかけず効率的な施工ができます。
それに加え、作業のための足場をしっかり確保でき、安全性が高いのも利点です。
組立てのしやすさや耐久性が評価され、昨今の外壁塗装の現場では頻繁に用いられています。
しかし、組立てに必要な資材が重く、ハンマーによる騒音が近所迷惑になりうるなどの欠点があります。

単管足場
丸い鉄パイプを縦横に組み合わせた足場です。
その構造上、高さや幅が調整しやすいメリットがあり、狭い場所やそれほど高さのない建物の塗装時にしばしば用いられます。ただし足元が不安定になりやすく、安全性は決して高くありません。

枠組み足場(ビティ足場)
その名の通り金属の枠で四角を作り、そこへさらに踏板を敷いて作る足場です。揺れ防止のため、枠の内側に「X」の形をした柱を通します。ビルやマンションなど大きな建物の施工を行う際に、よく用いられる方法です。
あらかじめ地上で足場を組んでクレーンで運び設置し、そのままクレーンで解体できます。大型物件で足場を組む際には、効率的な方法だといえます。
しかし足場の設置には広いスペースが必要となってしまうため、小型の物件には不向きです。

外壁塗装における足場設置料金をできる限り安くする方法

外壁塗装における足場設置料金をできる限り安くする方法

外壁塗装における足場設置の料金は、決して軽視できるものではありません。
しかしできる限り料金を安くする方法を知れば、費用的負担を最小限に抑えられます。

複数の業者から相見積もりをとる
複数の足場業者へ見積もりを依頼し、その金額を比較するのが経済的な負担を軽減させる基本的な方法です。
これを「相見積もり」といいます。
一社だけでなく、複数の業者が提示した金額を見比べれば、相場よりも高いか安いかを見定められるでしょう。ただしなかには金額の安さを理由に手抜き施工を行う、モラルの低い業者も存在します。
そのような業者を避けるために「どのような作業にどれぐらいのお金がかかるのか」をもれなく記載して見積もりしてくれているかどうかに気をつけましょう。

足場無料としている業者に相談してみる
足場設置料金を期間限定で無料とするキャンペーンを行っている業者もいくつか存在しますが、その部分を他で上乗せされているケースもあるので注意が必要です。
中には、塗装工事をパック料金で設定している業者もありますので、パックの中に足場代も含まれている場合が多いです。
数十万円もの足場設置料金をなしにできるのは、かなりお得です。
ひとまず問い合わせを行い、どのような施工を行ってくれるのか相談をしてみるのもよいでしょう。

塗装と足場の両方ができる業者へ依頼する
大手業者であれば、塗装職人のみならず、足場職人を自社で雇用している場合もあります。
そのような業者であれば、外壁塗装と足場設置を一つの会社で行えるので、人件費を抑えた予算提案を行ってくれます。
見積もりや依頼、そのあとの連絡や手続きの手間も省けるので、事務的な煩わしさも解消できるでしょう。

価格交渉も方法の一つ
「もう少し料金を安くしてもらえないか」と業者へ相談してみるのも一つの方法です。場合によっては依頼者の財政事情を考慮し、料金を安くしたうえで再見積もりをしてくれます。
ただし、強引に要求し続けるのは逆効果です。業者が行っているのはあくまでも仕事であるため、自分勝手な値切りはおすすめしません。

外壁塗装と屋根塗装を一緒に施工する
外壁と一緒に屋根の塗装を依頼するのも、よい手段です。これらを別々に依頼すると作業の度に足場を組む必要があり、その度に数十万の費用が発生します。しかし両方一度に塗装をお願いすれば、足場設置の費用は一回分しか発生しません。
外壁だけでなく屋根の傷みも気になるのであれば、いっそ両方を一度に依頼した方が将来的に料金を節約できます。

まとめ

外壁塗装において、足場設置は品質に大きく関わる要素です。 とはいえ、費用の負担はなるべく抑えたいものです。 相見積もりや無料キャンペーンなどをうまく利用し、コストパフォーマンスよく外壁塗装を成功させましょう。

Copyright (C) TOSO-CONSTRUCTION. All Rights Reserved.