TOPへ

外壁塗装

外壁塗装の色選びのポイントや注意点について

同じ建物であっても、色によってだいぶ印象が変わります。外壁塗装は、大切な建物を守る為にも必要なものですが、自分の好みやイメージなどに合わせて選べるなどの楽しさもあります。これから色選びをする際は、いくつかのポイントがあります。

壁塗装の色選びで失敗しないポイント

外壁塗装の色選びで失敗しないポイント

様々な色の塗料があり、どの色を選ぶかによって、メリットとデメリットがあるのも事実です。一人ひとりの好みや価値観によってもおすすめしたい色が異なるのですが、あらかじめ色の特徴を理解しておけば、失敗を避けることが出来ます。

汚れが目立たない色を選ぶ

四六時中、雨風にさらされる外壁は、長く年月が経つにつれて、どうしても汚れが目立ちやすくなります。これはある意味仕方が無い事なのですが、外壁の色によってはそれが目立ちにくく感じられる色もあります。ポイントは、汚れの色とあまり差がない色を選ぶ事です。はっきりとした色よりも、クリーム色などナチュラル感がある淡い色を選んだ方が、汚れが目立ちにくい傾向があります。また、淡いブラウンやグレー系などもおすすめです。

色褪せしにくい色を選ぶ

塗装したばかりの頃は、美しい色だったのに、月日と共に色褪せが気になってくる事があります。外壁塗装を行うと、次に塗装するまでに長い期間がある為、色褪せが目立つ色を避ける方が安心です。ポイントは、はっきりした色や派手な色ではなく、淡い中間色を選ぶことです。
色褪せの一番の原因は紫外線ですが、塗料に用いられるのは「無機顔料」と「有機顔料」で、有機顔料の方がその影響を受けやすいと言われています。つまり、有機顔料が多く使われている塗料の方が、色褪せしやすいということです。はっきりとした色の塗料は、有機顔料が多い傾向がある為、色褪せしやすいと言えます。

周辺の建物の色とのバランスを考える

周りにある建物の色と大きく異なる色を選ぶと、良くも悪くも目立ちます。目立つ方が良いと思う方は、周辺の色と異なる色を選ぶのも良いですが、場合によっては近隣の方からマイナスな印象を持たれてしまう事もあるので注意が必要です。
周囲との調和を大切にしたい方は、バランスを大切にしながら色選びする方が安心です。建物だけでなく、その場所の雰囲気なども考慮しながら、色の選択をしてみて下さい。また、場所によっては「景観ガイドライン」があるところもあるので、そちらについても確認してから判断するようにしましょう。

建物の向きによって色を決める

意外に思われるかもしれませんが、外壁塗装は建物の向きによってもおすすめしたい色が異なってきます。古くから大切にされてきた風水を、外壁塗装の色選びにも取り入れてみてはいかがでしょうか。方角と相性が良い色をあえて選びながら、運気を取り入れる方法もあります。
例えば、南は外壁塗装にグリーンを選ぶのも良いでしょう。東は赤色、西は黄色などもおすすめです。ほかにも、北はピンク色を用いると良いとされています。全体を塗装するのではなく、部分的に取り入れることも出来るので、併せて検討してみてはいかがでしょうか。

面積効果も考慮した色選びをする

外壁塗装は、面積効果を考慮しながら色選びをすることも大切です。これは、まったく同じ色であっても、小さい面積のものと大きな面積のものとでは、見え方が異なるというものです。小さい面積のものと大きな面積のものを比較すると、明るい印象の色は、大きな面積の方がより明るく感じられ、暗い印象の色が大きな面積になるとさらに暗く感じられます。こういったこともある為、色見本を見て確認する時は、出来るだけ大きな面積のものを見て判断することが大切です。

写真だけではなく実際の建物から色を選ぶ

外壁塗装だけに限ったことではありませんが、写真と実際の色とでは、色の印象が異なることも少なくありません。その為、実際の建物がある場合は、それを見てから検討すると失敗しにくくおすすめです。また、時間帯によって色の見え方も違う為、可能であれば異なる時間帯に見て判断してみましょう。太陽の下で見える色を見て気に入るようであれば、前向きに検討しても良いでしょう。

外壁塗装の人気色ベスト3

外壁塗装の人気色ベスト3

様々な外壁塗料がありますが、その中でも人気がある色があります。どんな色を選んだら良いか迷う場合は、こういった人気が高い色の中から選んでみてはいかがでしょうか。人気がある色には、やはり理由があります。

ベージュ

落ち着いた色であり、周囲に馴染みやすいのがベージュの魅力でもあります。汚れや退色が目立ちにくい傾向がある為、清潔感をアピール出来るのも良いところです。長く良い状態が保ちやすいので、迷った時はこの色を選択してみてはいかがでしょうか。また、ツートンカラーにしたい方も、ベージュであれば色々な色と合わせやすいのでおすすめです。

グレー

スタイリッシュな雰囲気を感じさせつつ、上品なイメージもあるグレー系も、多くの方から選ばれています。風水的に見ても、心を落ち着かせてくれるといった特徴があるので、気持ち良く暮らせることでしょう。こちらも、汚れが目立ちにくいので、綺麗な状態が長く続きやすいことでしょう。

ホワイト

ほんのりとクリーム色を混ぜたような、落ち着いたブロークンホワイトも、外壁塗装として人気があります。洋風住宅も和風住宅にも取り入れやすいといった特徴がある他、清潔感やぬくもりを感じさせてくれるといったメリットもあります。また、少しだけブルーが入ったクールホワイトは、クールな印象を与えてくれる色です。グレーとの相性も良いので、ツートンカラーにしたい方にもおすすめです。

外壁塗装で人気のツートンカラーベスト3

外壁塗装で人気のツートンカラーベスト3

外壁塗装は、一色にすることもツートンカラーにすることも可能です。また、その方法も様々あり、一階と二階をそれぞれ異なる色にしたり、縦で色を分けたりすることも出来ます。迷った時は、同系色でまとめてみるのもおすすめです。

ベージュとブラウンの組み合わせ

落ち着いた雰囲気が特徴のベージュと、上品な印象のブラウンとの組み合わせも人気があります。全体的にまとまりがあるので飽きにくいですし、上品な印象に見えます。淡い色同士で組み合わせると、優しい雰囲気になります。そして、濃い色同士を組み合わせればよりシックで引き締まった印象にできます。また、ベージュをベースに取り入れて、アクセントとして濃いめのブラウンを入れるのも、程好く個性的で素敵に見えます。

グリーンとホワイトの組み合わせ

リラックス効果があると言われているグリーンは、外壁塗装にもおすすめしたい色です。ホワイトと組み合わせることで、さわやかでおしゃれな印象にまとめることが出来ます。広い面積にグリーンを選びたい場合は、濃いめの色よりも柔らかい色を選んだ方が、汚れが目立ちにくいので、長く良い状態を保ちやすいです。また、柔らかいグリーンとホワイトを組み合わせると統一感もあります。

ブルーとホワイトの組み合わせ

ブルーとホワイト系でまとめられた外壁塗装は、モダンでクールなイメージに感じます。ホワイト系にも色々な種類があり、シルバーホワイト、ウォームホワイト、クールホワイトなどがありますので、ブルーと相性の良いホワイトを選ぶのがポイントとなります。おすすめは、クールホワイトと呼ばれるブルーがほんのりと入ったホワイトです。相性が良いので、洗練された印象に仕上がります。

まとめ

外壁塗装の色によって、建物の雰囲気がかなり変わってきます。色選びで迷った時は、好みの色を尊重しつつ、良い状態が保ちやすいものを積極的に検討するのも良いでしょう。汚れにくい、色褪せしにくいなどの特徴があるものもあります。また、色々な塗料がありますが、全体的にベージュやグレー、ホワイトなども人気があるので、こちらも検討してみてはいかがでしょうか。

Copyright (C) TOSO-CONSTRUCTION. All Rights Reserved.